カーッとなって自分が署名押印した離婚届を相手方に渡してしまいました。勝手に離婚届が提出されないか心配です。何か良い方法はありませんか?

離婚届不受理の申出を行いましょう。離婚届には印鑑証明書を添付したり身分証明書を提出したりする必要がなく認印でも作成できます。そのため夫婦の一方が偽造などして離婚届を勝手に提出することがあります。それを防ぐための方法が離婚届不受理の申出です(戸籍法27条の2第3項)。手続きとしては申立人本人の本籍がある市区町村役場に離婚届不受理申出書を提出すれば完了します。



案の定、勝手に離婚届を提出されてしまいました。どうしたら良いのでしょうか?

  1. 家庭裁判所に協議離婚無効の調停を申立てる必要があります。



勝手に離婚届を提出した相手方が許せません!社会的な責任を取って欲しいと思います。こんなことって、犯罪行為にならないのでしょうか?

  1. ご自身との関係では署名を代筆した人や署名を代筆させた人に私文書偽造罪(刑法159条)が成立します。また市区町村役場との関係では、偽造私文書行使罪(刑法161条)、公正証書原本等不実記載罪(刑法157条)が成立します。