離婚調停が成立しなかったときに離婚訴訟が行われるということですが、離婚訴訟とは何でしょうか?

離婚訴訟とは、調停で離婚が成立しなかった場合に、裁判所に離婚の判決を求める手続きです。
離婚を望んでいる場合に、裁判所が常に離婚を認めてくれるのではなく、相手方配偶者に離婚原因が存在することを証明しなければ、離婚できません。民法770条に定められた離婚原因は以下の通りです。

1.配偶者に不貞な行為(不貞行為)があったとき。
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

どこの裁判所に申立てを行うのでしょうか?

    原則として、夫又は妻の住所地を受け持つ家庭裁判所です。

    もっとも、その家庭裁判所と人事訴訟を起こす前に家事調停を取り扱った家庭裁判所とが違う場合は、家事調停を取り扱った家庭裁判所で人事訴訟を取り扱うことがあります。詳しくは、訴えを起こす予定の裁判所にご相談ください。

     

離婚訴訟の判決が確定したらどうなりますか?

    判決が確定すれば、離婚が成立します。