年金分割は財産分与と同じという考えでよろしいでしょうか?

年金分割は、離婚の際の財産分与の一部といえますが、年金という特定の財産について分割を行うものです。

年金分割で分割が可能な「年金」にはどのようなものがありますか?

  1. 厚生年金、国家公務員共済年金、地方公務員共済年金、私学共済年金です。

国民年金はどうですか?

  1. 国民年金はもともと個人で入っているので年金分割の対象にはなりません。

年金分割に必要な書類は何がありますか?

  1. 社会保険事務所で離婚に伴う年金分割の情報提供を受ける必要があります。戸籍謄本と請求者の年金手帳を持参して年金分割情報通知書を取得してください。

年金分割にはどのような種類がありますか?

  1. 合意分割制度と三号分割制度があります。

合意分割制度とはなんですか? 

  1. 平成19年4月1日以降に離婚等をした場合に、婚姻期間中の当事者の厚生年金や共済年金の標準報酬について、当事者間の合意又は裁判手続により定められた年金分割の割合によって、分割することができる制度です。

三号分割制度とはなんですか?

  1. 平成20年5月1日以降に離婚等をした場合に、かつ、同日以降に被扶養配偶者が国民年金の第3号被保険者であった期間がある場合において、国民年金の第3号被保険者であった方からの請求により、平成20年4月1日以降の他方配偶者の特定期間の厚生年金の標準報酬を2分の1ずつ、当事者間で分割することができる制度です。

年金分割の具体的な手続きを教えてください。

  1. 社会保険事務所にて請求手続をすることになります。ただし、合意分割と三号分割のいずれであるか、年金分割について合意の有無等により、手続の方法が変わってきます

    【合意分割の請求手続】
    ①「年金分割のための情報提供請求書」と年金手帳等の必要書類を揃えて年金事務所に提出し、「年金分割のための情報通知書」を取得します。

    ②年金分割の割合について当事者間で話し合います。

    ③合意できた場合は公正証書等を作成し、年金事務所に提出します。合意できなかった場合には、家庭裁判所での審判手続や調停手続を行い、分割割合を定めます。

    ④割合が決まったら「標準報酬改定請求書」及び年金手帳等の必要書類を年金事務所に提出し、「標準報酬改定通知書」の交付を受けます。

    【三号分割の請求手続】
    離婚等をした後に、「標準報酬改定請求書」及び年金手帳等の必要書類を年金事務所に提出し、「標準報酬改定通知書」の交付を受けます。三号分割手続は、分割割合が2分の1と決まっているため、裁判所等が関与することはありません。

年金分割は離婚後いつまで可能ですか?

  1. 離婚時分割   離婚成立後2年以内
    三号分割    分割の請求に期限がなく、離婚成立後いつでも請求可能

    合意分割の請求期限は、原則、離婚等した日の翌日から起算して2年以内です。ただし裁判手続により年金分割の割合を定めた場合等は例外があります。